みんなの肌潤糖 口コミ

みんなの肌潤糖を体験しました!

乾燥肌、敏感肌に悩む40代男性です。
幼児期のアトピー性皮膚炎に始まり、成長してからも乾燥肌と敏感肌がひどく、
常に肌のトラブルに悩んできました。
今でも無意識に掻いてしまうことが多く、傷ができてしまうこともよくあります。

 

保湿ケア、スキンケアが大事なのはよくわかっていますが、
若い頃は男性がスキンケアなんてらしくないという間違った声に惑わされたり、
ケアをさぼったりした挙句未だにパリパリとした乾燥肌に悩んでいます。

 

少し恥ずかしいのですが、現在の肌の様子をお見せします。

 

こちらは、肘の内側です。
関節の内側は汗も溜まりやすい為、痒くてつい引っ掻いてしまうことが多い箇所です。
赤みを帯びた箇所と引っ掻いて傷になった場所があります。

 

 

 

もう1箇所、こちらはまぶたの下周辺、頬骨のあたりです。

 

 

全体的に赤く腫れていて、皮膚がガサガサしているのがおわかりいただけると思います。
常に顔の表面が突っ張ったような感じでかなり過敏になっています。

 

男性は女性ほど肌に悩まないのでは、と思われる方もしれませんがとんでもありません。
絶え間ないむずがゆさ、皮膚がつっぱったような不快感、些細な肌への刺激からもたらされるイライラなどは
老若男女問わずに大きなストレスです。

 

そんな時に知人に教えてもらったのが肌潤糖です。
砂糖に保湿力がある、というのはどこかで聞いたことがありました。
一方で糖分は刺激にもなるので、肌によくないとも耳にしたことがあったので
砂糖が原料のスキンケアで肌トラブルに効果があるとは・・と正直疑心暗鬼でもありました。

 

ですが、教えてもらったHPの口コミをみると
子供から大人まで効果を感じられている方が大勢いらっしゃいました。

 

砂糖=刺激物と気になっていた点についても、
特殊加工で必要な成分だけが浸透するように開発されているとのことでちょっと興味が湧いてきました。

 

そこで、お試しサイズ1200円を申し込み。
35g入りなので10日ちょっとくらいの分量だと思います。

 

短い期間ではありますが、私の年季の入った乾燥肌、敏感肌が
肌潤糖でどれだけ変わることができるのか試してみたいと思います。

 

肌潤糖到着

肌潤糖を申し込んだのが年末だったこともあり、10日ほどしてお試しセットが到着。
20cmちょっとの大きさの厚紙の封筒に入ってポストに届きました。
お試しなので配送もシンプルです。

 

 

 

続いて届いたものをチェックします。

 

 

はじめての方向けのご挨拶状

中には商品の使用法パンフレット、コールセンターで聞いたお客様の声紹介がセットになっていました。

 

季節の挨拶状

1月の注文だったこともあり、新年のあいさつからはじまっていました。北海道の様子などが語られています。

 

健康管理士からのおたより

健康な生活のためのアドバイスです。

 

定期コースの案内

最大20%の割引が受けられる定期コースの案内です。

 

肌潤糖読本

使用法パンフレットとは別に24Pの小冊子。商品誕生秘話、肌の仕組み、商品の使い方などが詳しく解説されていました。
商品使用中は手元において何度も繰り返し読みたい内容です。

 

お試し品

プラスチック製の容器に35gのお試し品が入っています。

 

PP袋から取り出すとほんのり柑橘系の香りがします。

 

 

成分表をみるとグレープフルーツ果皮油やオレンジ果皮油が配合されているので、その香りのようです。

 

 

ふたを開けてみた感じ、砂糖っぽい光沢。
添付のスプーンですくってみるとやっぱり砂糖っぽい感触でした。

 

 

使用時はこのまま塗布するのではなく、少量の水で溶かしてペースト状にします。
ほんのちょっと水を加えてみると見る見るうちに水に馴染んでトロリとしてきます。

 

 

 

砂糖を水に溶かしてもこんなに簡単には溶けてくれないので、その辺はやはり特別な製法なのだなと感じます。
少し指先で混ぜてやるとよく水と混じり合ってきれいなペーストになりますが、
このペーストがものすごくとろーっとした感じなのが印象的です。

 

これは白い紙の上でペーストにして指でふれているところ。
かなり粘度が高いのがおわかりいただけるでしょうか。

 

肌潤糖は、このペーストを肌に数分なじませてから洗い流します。
このくらい粘度が高くないと、すぐに流れおちてしまうので肌になじませることはできませんね。

 

実際に肌にのせてみたところです。
感触はねっとりした感じです。
つけた直後、トロリとしています。

 

柑橘の香りがリラックスを誘います。
時間がたつと水分が乾いてきて砂糖のざらっとした感じが目立ってきました。
ざらつきが見えてきました。

 

数分おいて洗い流します。
かなり乾いてくるとゴワゴワした感触なので、強くこすると肌に傷がついてしまいそうです。
多めの水(できれればぬるま湯)で優しく洗い流すのがよさそうです。

 

使用後はしっとりして、肌の弾力が増したような感じがしました。
砂糖の力で保湿力を高めるのが肌潤糖の力だそうです。
肌の水分量が増した分だけカサつきゴワつきが緩和されるのですね。

 

ただこの感触も20?30分もするとなくなっていました。
1回の使用でそんなに急激に改善されるわけもないので、これは当然かなと思います。
しかし、いつもの肌状態に比べて使用後の保湿力が向上していたのは間違いなさそうです。

 

肌潤糖を使用して、保湿力が高まっているうちに化粧水やミルクなどを使うことで
スキンケアの効果も高くなるのではないかと思います。

 

ということで、腕と頬だけですが1週間ほど使用してみました。

 

サンプルは量が35gしかないのであちこちで試すことはできませんし、
期間も短いので十分な効果が現れるにはまだまだ早いようですが、
使用開始前後の写真をくらべてみましょう。

 

まずは腕の関節です。

 

使用前

 

使用開始1週間後

 

まだまだ赤みはめだちますが、幾分治まってきているようにみえます。
傷のようになるのはかゆみが強いときに無意識に引っ掻いたりすることも原因。
使用中は気づきませんでしたが、かゆみが減ってきていたのかもしれませんね。

 

もう1箇所。頬骨のあたりです。

 

使用開始前

 

使用開始1週間後

 

まだまだ赤みはあります。
使用前は赤みを通り越してやや黒っぽくなっていたようなところもありましたが、それは減っています。
若干キメも整ってきているようにもみえます。

 

スキンケアは保湿ケアとはよく言われることですが、
保湿力を高める肌潤糖は大きな助けになってくれそうです。

 

ただ、使うのが面倒に感じることもありました。
いちいちペーストをつくって塗布して洗い流してというのは、やはり手間がかかります。
また砂糖由来の為かかなりベトつくので、丁寧に洗い流さないとあとでかなり気になります。

 

顔に使用した際など髪の毛に付着するとかなりベトベトして洗い流すのも大変です。
このあたりがうまく自分のペースで解決することができれば、ぜひ使い続けたいなと思います。

 

最後にもうひとつ今回のチェックの期間中に実践していたことがあるので、紹介いたします。
肌の状態と腸の状態に大きな関係があることはご存知の方も多いと思います。
特に便秘は肌荒れ、吹き出物の原因にもあると言われています。

 

ということで、腸内にも気を使ってみようということで、
森下仁丹のビフィーナSというサプリメントも摂っていました。

 

 

ヨーグルト風味でこのまま水で飲みます。

 

大きなオレンジの粒に乳酸菌がとじこめてあるそうで、噛まずに飲むのが正しいそうです。
この粒が喉にひっかかりそうになるので多めの水で飲むのがよさそうです。

 

便秘に悩むことはないのですが、少し食べ過ぎたなというときでも胃腸がもたれるようなことがなかったので、
徐々に効果がでてきていたのかもしれません。

 

10日ではまだまだ本来の効果までは発揮できませんが、それでも続けることがよさそうであることは実感できます。
特に肌潤糖は目に見えて変化が実感できるので続け甲斐もありそうです。

 

サンプルの容器だと水がついて湿気てしまいそうで気になっていたのですが、
本品にはこのようなパッキン付きの容器がついてくるので、湿気の心配も少なくなりますね。

 

乾燥肌が気になる方、皮膚のかゆみ、赤みが気になる方には
継続することで大きな変化をもたらしてくれるのでないでしょうか。


みんなの肌潤糖のアトピーに関する口コミまとめ

良い口コミ

肌潤糖を使用したその日から改善!

ずっとアトピーに悩まされ、出産を機に何とか改善したいと思って肌潤糖を購入しました。私の場合、ずっと肌が乾燥していて、お風呂から出たらすぐに皮膚科で処方された薬を塗らないとカサカサになってくるのですが、肌潤糖を使ったら、その日からかゆみが激減!一袋使い切ったところで新しく購入し、今ではリピーターです。(20代 NNさん)

 

娘のアトピーが良くなってきています

娘は赤ちゃんの頃からアトピーで、ここ数年間、ずっと皮膚科で飲み薬と塗り薬を処方されてきました。それでも一度飲み忘れたり塗り忘れたりするとかゆみがひどくてかきむしってしまい、傷だらけに・・・。アトピーにいいと言われているものはひととおり試してきましたが、それでも良くならず、最終的にたどり着いたのがみんなの肌潤糖でした。

 

まだ使い始めて2週間ほどですが、すっかり肌がきれいになって驚いています。まだかさぶたは少し残っていますが、内服薬を使わなくてもかゆいと言わなくなりました。お風呂上がりの外用薬はまだ塗っていますが、このまま肌の乾燥がなくなれば皮膚科の薬そのものをやめたいと思っています。(30代 KIさん)

 

もっと早く肌潤糖に出会っていれば・・・

これまでアトピーに効くという商品をいろいろ試してきましたが、たった1回の使用でここまで効果を感じた商品はこれが初めてです。普通に洗顔した後、これを使ってみると、化粧水の入り方がまったく違います。とにかく乾燥が天敵なので、化粧水の効果が高まるのは本当に助かっています。今までさんざんお金を使ってきたので、最初から肌潤糖に出会っていれば・・・と後悔しています。(20代 RNさん)


 

普通の口コミ

微妙・・・

肌の状態によって効果が変わる商品だと思います。私の場合、乾燥している手のアトピーにはよく効いて、なかなか良かったです。ただ、顔にはちょっと刺激が強かったし、リピートするかどうかは考え中です。値段は割と抑えられていていいと思います。(30代 SMさん)

 

まぁまぁかな

初めてアレルギー症状が出てしまったので、肌にやさしいものを・・・と思って購入しました。使用後2週間で肌の手触りが良くなりましたが、毛穴には効果なし。あと、袋からスプーンですくいとるのもちょっと面倒でした。(20代 MOさん)

 

匂いが苦手

お試しサイズを買いましたが、ほぼ毎日使っても1ヶ月くらいもちました。敏感肌ですが、赤みや荒れのある肌に使ってもかぶれたりしませんでした。ただ、柑橘系の香りがかなり強いので、においに敏感な人は厳しいかなと思います。(20代 ASさん)


 

悪い口コミ

私には合わなかった

生活環境の変化でアトピーが悪化。乾燥が激しく、夜もかゆみで眠れないくらいだったので、すがる思いで購入しました。初日にパッチテストとして手の甲につけてみたところ、本当にしっとりつけ心地が良かったので、かゆい部分すべてに塗ってみました。塗った直後はかゆみもなく、しっとりしていたので喜んで眠ろうと思ったのですが、なぜか体が熱くなり、使用を断念。注意書きにも体質によっては熱を持つことがあると書いてあったので、どうやら私には合わなかったみたいです。(40代 AKさん)

 

効果を実感できず

ざらっとした質感ですが、肌にはすぐなじみます。刺激もなく安心して使える商品ですが、残念ながら肌への効果はあまり実感できませんでした。もう少し続ければ効果があったのかな?と思います。(30代 HMさん)

 

使用後がちょっと大変

以前から気になっていたのでお試し品を購入してみました。お風呂で全身に使ってみたのですが、使用感そのものは良いものの、お風呂の床のぬるぬるがなかなか取れなくて大変でした。肌へのベタつきはなかったのですが、お掃除が面倒なのでリピートはないかも。(40代 MNさん)


 

良い口コミまとめ

  • アトピーのかゆさ、赤みが軽減!
  • その後に使うスキンケアの効果がアップ
  • 即効性もあり
  • コストパフォーマンスが高い

 

悪い口コミまとめ

  • 香りがちょっときつめ
  • 取り扱いがやや面倒

 

口コミ総評

みんなの肌潤糖は、肌バリア機能の強化に役立つこと、また肌にやさしい天然原料を使用していることから、
敏感なアトピー肌の改善に役立つスキンケアとして注目を集めています。

 

実際にみんなの肌潤糖を使用したアトピー肌の方も「刺激を感じなかった」という口コミが多く、
中にはデリケートな子供の肌にも使えたというケースも報告されています。

 

また、美肌効果の即効性も高く、早い人は使用した翌日から変化を実感。
肌のカサつきはもちろん、乾燥からくるかゆみや赤みがおさまったことで肌トラブルから解消された方も数多く見受けられます。

 

さらにコストパフォーマンスが高いところも人気の秘密。
取り扱いがやや面倒という声もありますが、少量でもしっかりお手入れできるので、
スキンケアにかかるコストを節約したいという人にもぴったりの商品と言えるでしょう。

みんなの肌潤糖の特徴

みんなの肌潤糖の一番の特徴は、原料に砂糖を使用しているところです。
砂糖といっても、料理などに使用する上白糖ではなく、サトウダイコンから作られた「ビート糖」のこと。

 

世界には多種多様な砂糖が存在していますが、ビート糖はその中でも特に浸透力が高く、
肌なじみの良い成分として知られています。

 

また、砂糖には優れた吸水性と保湿性が備わっており、乾燥した肌にたっぷりの水分を補給することが可能。さらに、取り込んだ水分を逃さずキープする保湿力により、肌全体がうるおいのヴェールに覆われ、常にみずみずしい肌を保つことができます。

 

うるおいバリアに保護された肌は外部からのダメージを受けにくくなるので、素肌力がぐんとアップ。
アレルゲンや紫外線によって発生するかぶれやかゆみ、赤み、ニキビ、吹き出物など
さまざまな肌トラブルをしっかり予防し、健やかで美しい肌へと導いてくれます。

 

また、スキンケア効果だけでなく、使用する上での安全性にも徹底しているところが大きなポイント。
主原料であるビート糖は使用した時に肌を傷つけないよう、特殊技術で角を丸く加工した上、
さらに天然の植物オイルでコーティングされています。

 

使用している植物オイルはヘーゼルナッツ油やヒマワリ油など全部で8種の天然オイルを厳選。
天然原料なので肌に優しいのはもちろん、抗酸化作用のあるココナツオイルやブドウ種子油なども含まれているほか、
アロマオイルとして親しまれているジャスミン油も配合されており、植物オイルそのものの美肌効果も期待できるところが魅力です。

 

みんなの肌潤糖はビート糖が全体の80%、残りの20%が植物オイルで構成されており、
余計な添加物などは一切不使用。

 

着色料や合成香料はもちろん、防腐剤も使用していないので、
肌がデリケートな方でも安心して使える低刺激性コスメに仕上がっています。

 

実際、みんなの肌潤糖は優れたスキンケア効果と肌への安全性が高く評価され、
2013年度・2014年度のモンドセレクションで2年連続最高金賞を受賞。

 

さらにネットと口コミだけで約10万人に広がり、
現在も2分に1個という驚異的なスピードで売れ続ける超人気商品となっています。


みんなの肌潤糖の使い方をおさらい

 

みんなの肌潤糖はビート糖と呼ばれる砂糖を主原料としたちょっとめずらしいスキンケアコスメですが、
基本的な使い方はとても簡単で、初めての方でも手軽にお手入れすることができます。

 

ここでは、みんなの肌潤糖の基本的な使い方を順におさらいしてみましょう。

 

汚れを落とす

まず下準備として、使用する部位の肌の汚れを落とし、清潔な状態に整えます。
たとえば顔に使う場合は、いつもの洗顔でOK。腕や脚などに使う場合も、
普段の石けんなどを使って汚れを洗い流します。
もし塗り薬などを使用している場合は、一度洗い流してからいつも通りに使います。
なお、汚れはぬるま湯で流すのがポイント。熱すぎるお湯は肌を保護する大事な油分まで奪ってしまい、肌荒れの原因となるので、24〜32℃程度の適温で洗い流すようにしましょう。


 

みんなの肌潤糖をペースト状にする

みんなの肌潤糖を付属のスプーン1杯分だけ手に取ります。
そのままだとスクラブ状なので、さらにスプーン1杯分の水を加え、
指で3回ほど円を描くようにして混ぜ合わせます。
少し粒感が残るペースト状が目安です。
ただ、質感についてはあくまで目安なので、自分の肌の状態に合わせて粒感を調整することをおすすめします。


 

肌になじませる

ペースト状になったら、濡らした肌の上に乗せ、指の腹を使ってくるくると円を描きながら肌になじませていきます。
このとき、ゴシゴシこすりつけたり、無理にすり込んだりするのは厳禁。
肌に余計な摩擦を与えてしまい、肌荒れなどのトラブルを起こす原因になってしまうので要注意です。
体温と水分で粒感がなくなるまで、軽くマッサージするような感覚でやさしくなじませましょう。


 

放置する

ペーストから粒感がなくなったら、そのまま1〜2分ほど放置します。
待っている間、ビート糖が角質層まですみやかに浸透し、乾いた肌にうるおいを補給してくれます。


 

洗い流す

成分を浸透させたら、24〜32℃のぬるま湯でさっとすすいで洗い流します。
通常の洗顔の場合、すすぎは念入りに、何度も行うものですが、みんなの肌潤糖の場合は3〜4回程度でOK。
それ以上すすぐと、補給したうるおいも一緒に逃げてしまうため、ささっと簡単に流すだけにとどめておきましょう。


 

スキンケア

すすぎが終わったら、いつもの化粧水や乳液、美容液などを使って
普段通りのスキンケアを行い、肌の調子を整えます。
みんなの肌潤糖のおかげで肌の浸透力が高まっているので、
いつもより効率よく化粧水や美容液の成分を浸透させることができます。