みんなの肌潤糖 買ってはいけない

みんなの肌潤糖は買ってはいけない?

みんなの肌潤糖はネットと口コミだけで10万人以上の愛用者がつき、現在も2分間に1個いう驚異的なスピードで売れ続けている大人気商品です。

 

口コミ評価も5点満点中4.6点と高い評価を獲得しており、多くの方が肌荒れ予防や使い心地の良さを絶賛しています。

 

ところが、その一方で「みんなの肌潤糖は買っちゃだめ!」と言う人も存在しており、意見がふたつにわかれています。

 

では、なぜみんなの肌潤糖は「買ってはいけない」と言われているのでしょうか?

 

みんなの肌潤糖を「買ってはいけない」理由とは?

 

みんなの肌潤糖を買ってはいけないと言っている人の意見をチェックしてみると、実はほとんどが「使わず嫌い」であることがわかります。
みんなの肌潤糖は従来のスキンケア商品とは異なり、ビート糖と呼ばれるサトウダイコン由来の砂糖を主原料としています。
砂糖と言うと、多くの人は料理に使用する上白糖を思い浮かべますが、上白糖は粒が粗く、ざらざらした質感なので、そのまま肌に塗ったら皮膚が傷つくというイメージがあるわけです。

 

確かに、上白糖をそのままスキンケアに使用するのはNGで、実際、みんなの肌潤糖の公式サイトでも「安易に市販の砂糖を肌にこすりつけないでください!」と注意が呼びかけられています。

 

以上のことから、砂糖を使っているスキンケア=肌に悪いという先入観が生まれ、「みんなの肌潤糖は買ってはいけない商品」と言われる理由になっているのですが、本当のところはどうなのでしょうか?

 

特殊加工がほどこされているから安心

 

結論から言うと、みんなの肌潤糖は肌に負担をかけない特殊製法を採用しているので、砂糖を原料にしていても肌を傷つける心配は一切ありません。

 

みんなの肌潤糖では、原料となるビート糖の粒子を特殊微粒子加工によって極小サイズに仕上げており、なめらかな使い心地を実現
また、粒の形も一つ一つを角のない球状に整えることで、こすっても皮膚が傷つかないやさしい使用感に仕上げました。
さらに、植物性オイルでまわりをコーティングし、滑りの良さをプラス。皮膚との間に摩擦が起こりにくいので、余計な負担がかからず、敏感肌の方も安心して使えるスキンケアとなっています。

 

ちなみにコーティングオイルにはココナッツオイルやヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、ヒマワリ油、サフラワー油など、植物由来の天然オイルのみを使用。
肌に対して刺激を与えないのはもちろん、オイルそのものは肌に浸透せず、中身の砂糖だけが角質層に浸透していくので、ベタつかずさらっとした使い心地を実感できます。

 

みんなの肌潤糖はこちら

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

 

みんなの肌潤糖クリアはこちら

肌潤糖(はだじゅんとう)【クリア】

 

 

みんなの肌潤糖アトケア体験記

関連ページ

みんなの肌潤糖を激安でお試し!
みんなの肌潤糖を激安でお試しする方法を紹介します。
みんなの肌潤糖の効果、ここがすごい!
みんなの肌潤糖で実感できる乾燥・かゆみ予防やスキンケアのパワーアップ効果を紹介します。
まさか詐欺!?みんなの肌潤糖の悪い噂
みんなの肌潤糖は知名度が高いぶん、詐欺なのでは?といううわさもありますが、実際はどうなのでしょうか?
みんなの肌潤糖の副作用の恐怖
アトピーに良いとされているみんなの肌潤糖。でもそんなみんなの肌潤糖にもしも副作用があるとしたらどうしますか?
みんなの肌潤糖で肌が悪化する可能性は?
みんなの肌潤糖を使うことでアトピー肌や乾燥肌が悪化してしまう可能性はないのでしょうか?
みんなの肌潤糖で色素沈着を防ごう!
みんなの肌潤糖は肌に刺激を与えないスキンケアなので、色素沈着の原因となるメラニン色素の発生を防ぐことができます。
みんなの肌潤糖を購入できるドラッグストアはココ!?
みんなの肌潤糖は近所のドラッグストアや薬局でも購入できるのでしょうか?
知らないと大損!みんなの肌潤糖の注意点
みんなの肌潤糖を初めて使用する時は、注意しないと損をする可能性があります。
みんなの肌潤糖、使い方のコツはコレ!
みんなの肌潤糖を上手に使うためのコツを紹介します。
みんなの肌潤糖を楽天で買って大損するな?!
みんなの肌潤糖は楽天で買うより公式サイトで注文した方が断然お得です。
みんなの肌潤糖でアトピー跡がみるみるきれいになる!
みんなの肌潤糖を使えば、気になるアトピー肌の予防・改善効果を期待することができます。
どこが違う?みんなの肌潤糖とクリアを徹底比較!
みんなの肌潤糖には無印タイプとクリアタイプの2種類がありますが、どこがどう違うのでしょうか?
みんなの肌潤糖は「効果なし」なのか徹底検証
「みんなの肌潤糖は効果が無い」、「肌に塗るのは危険」という口コミについて、本当か検証してみました。