アトピー ステロイド

ステロイドはアトピー性皮膚炎治療の強い味方

ステロイドを味方につけましょう

アトピー性皮膚炎(以下、本稿では単に”アトピー”と表記)である、と診断された場合、
十中八九処方されるのが、ステロイド外用剤です。

 

ちなみに外用剤とは、軟膏やクリーム、ローションなどといった、肌に塗って使うタイプの薬のことです。
(以下、本稿では単に”塗り薬”と表記。特に断らない限り、ステロイドを含有する外用剤を指すものとする。)

 

塗り薬は、アトピーに対してのみ使用される薬、というわけではありません。
赤ちゃんの虫刺されの治療など、皮膚の炎症(痒みやジュクジュクなどの皮膚トラブル)を
抑えたいという場面全般で使われるものです。

 

つまり塗り薬は、アトピー自体を治す薬ではなく、あくまでも肌の状態を良くするための
サポート役でしかないのです。

 

ステロイドという成分は、医師の指示に従って適切に使用すれば、非常に高い効果が得られます。
ステロイドと聞いて「なんだか怖い」「副作用が心配」などの理由から、自己判断で使用を中止してはいけません。
いつまでも皮膚の炎症が収まらない患者を診た医師は「もっと強い(ステロイドが多く含まれてる)塗り薬を処方しよう」と
考えるでしょうし、場合によっては「こんなに強い塗り薬を使ってもダメなら、内服薬に切り替えよう」という
判断を下すかもしれません。

 

塗り薬に含まれる程度の量のステロイドでは、毎日使ったとしても、副作用の心配はほとんどありません。
副作用のリスクは、塗り薬よりも内服薬の方がはるかに高いのです。

 

ステロイド使用のポイントは短期決戦

ステロイドを含有する塗り薬の適切な使用とは、一言で表すと「適切な強さのものを十分塗ってサッと止める」ということになります。

適切な強さのもの

まずは”適切な強さのもの”、つまり、自分の皮膚の状態に見合った濃度(強さ)の塗り薬を使う必要があります。
皮膚の状態がかなり悪いのに弱い塗り薬を使っていては、いつまでたっても皮膚の状態が改善しません。

 

妥当な強さの塗り薬が選択できるかどうかは、確かに医師の経験値に依存する部分はあります。
しかし、それ以上に、医師と患者との間で情報連携ができているかどうかに依存しています。

 

医師の診察任せで自分からの情報発信(症状の説明や塗り薬を使用した後の経過報告など)をしない、
診察を受けずに薬だけ取りに行く、という様子では適切な強さの塗り薬が選択できません。

 

十分塗る

そして患部に”十分塗”ることが大切です。
痒みを感じるたびにしっかり塗って、早く皮膚の炎症を抑えましょう。

 

何の炎症も生じていない部分には塗る必要はありませんし、患部が痒くないときも塗る必要はありません。
また、アトピー治療用にもらった塗り薬は、アトピー以外の炎症が生じている場所に塗ってはいけません。

 

ステロイドを含むかどうかにかかわらず、塗り薬というものは、良くも悪くも塗ったところにしか効果がありません。
よって、余計なところに塗ることは、副作用のリスクを上げてしまいます。

 

ストレスは、アトピー性皮膚炎を悪化させる、かなり大きな要因です。
痒くてイライラする、眠れない、というありさまでは、いつまでたっても症状が改善しません。

 

サッと止める

最後に”サッと止める”のですが、塗り薬そのものの使用をスッパリ中止する、という意味ではありません。

 

現在使用中の塗り薬によって十分に皮膚の状態が改善され、より弱いものでも皮膚の炎症を抑えることができる状態になったら、
医師と相談のうえで、現在のものを止めて弱いものへ移行しましょう、という意味です。
”医師と相談のうえで”という点が重要です。

 

肌が、表面上はきれいになっていても、内側(深い部分)が正常な状態になっていないという状態で
勝手に塗り薬の使用をやめたり、(ほかのアトピー患者からもらうなどして入手した)弱い塗り薬を
使用したりすると、リバウンド(皮膚炎が外用剤の塗布開始時より悪化する)が生じます。

 

ステロイドさえ塗っていればよい訳ではありません

アトピー性皮膚炎で、皮膚に炎症が生じている状態では、塗り薬の使用はまず避けられません。
下手に塗り薬を避けようとするのではなく、上手に付き合った方が、早く皮膚トラブルから抜け出せます。
近年では、プロトピック軟膏という副作用がない薬も治療に取り入れられており、塗り薬のリバウンドを
経験することなく治療を終了させることも可能になっています。

 

ただし、塗り薬はアトピー自体を治す薬ではないので、いくら塗ってもアトピー性皮膚炎は治りません。
あくまでも皮膚の炎症を抑えているだけです。
アトピーを治すには、食生活をはじめとする生活習慣(ライフスタイル)を見直し、
心身にかかるストレスを軽減する必要があります。
アトピーの治療は、塗り薬の使用とライフスタイルの見直しを両輪としていることを理解しましょう。

関連ページ

アトピーケアの必需品!保湿剤の上手な選び方
アトピーケアに欠かせない保湿剤の種類と上手な選び方を紹介します。
アトピー治療薬の新常識
アトピー治療薬の種類と効果をそれぞれ紹介します
アトピー改善は食事が決め手!
アトピーを改善するには、毎日の食事にも気を配る必要があります
危険!アトピーの人が絶対に食べてはいけないもの
甘い物や冷たいものなどを食べると、アトピー症状が悪化するおそれがあります。
アトピーのかゆみで眠れない時の5つの対処法
アトピーのかゆみで眠れない時はどう対処したらよいのでしょうか?
ストレス性アトピーにはアロマがおすすめ!
ストレスから来るアトピーには、リラックスできるアロマセラピーがおすすめです。
水素水のアトピーに対する効果に業界激震!
水素水のアトピーへの効果に今業界が震えている!一体何が凄いというのか?
アトピーの主犯は活性酸素だった!
アトピーに悩んでる方に朗報です!アトピーの主犯が実は「活性酸素」だった!と、言う結果が発表されました。
環境汚染こそアトピーの元凶
環境汚染が問題視されるようになった時期とアトピー性皮膚炎の患者が急増している時期は一致しています。
アトピーになる人とならない人の違いがわかった!
なぜ同じ汚染された環境で生活していても、アトピー性皮膚炎になる人と、ならない人がいるのでしょうか?どこに違いがあるのでしょうか?
海水浴でアトピーは改善する?悪化する?
海水浴でアトピーが良くなったというケース、悪くなったというケースの両方の話を聞きますが、実際のところどうなのでしょう?
乳児アトピーは成長によって治る?
乳児のアトピーは、体がどんどん大きくなっていくときに発生する肌トラブルの一種です。ですから、ほとんどの場合は小学生くらいまでに治ってしまうことが多いのです。
乳児アトピーと乳児湿疹と脂漏性湿疹の違いは何?
赤ちゃんの肌トラブルについて病院で告げられる病名にも混乱します。「乳児アトピー」「脂漏性湿疹」あるいは単に「乳児湿疹」などなど。これらはいったいどう違うのでしょうか?
アトピー改善には善玉菌を増やし腸内環境を改善することが大事
アトピーを改善するには、年齢と共に減少していく善玉菌を意識的に増やし、腸内環境を整える必要があるのです。
アトピーの子供のステロイド剤の正しい減らし方、やめ方まとめ
小さな子供の場合、肌の成長を考えてより慎重になる気持ちはよくわかります。ここでは子供のステロイド剤の正しい減らし方、やめ方についてまとめてみました。
食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の違いを知っていますか?
皮膚に起こる炎症で強いかゆみや発疹を伴うものにアレルギーとアトピー性皮膚炎があります。どちらも見た目はよく似ていますが、実はこの二つはまったく別の物です。その違いを整理しておきましょう。