乳児アトピー 治る

乳児アトピーは成長によって治癒する?

 

小さい子供、特に乳幼児期の子を持つお母さんにとって気がかりなことはたくさんあります。
その中でも子供の病気に関する心配は、日夜尽きることがありません。

 

乳幼児期によくかかる病気の一つに、アトピー性皮膚炎があります。
小さいながらもかゆがってもがくので、お母さんは気が気ではありませんね。
この乳児アトピーはなぜかかるのでしょうか、そして自然に治るものなのでしょうか。

 

乳児アトピーの原因とは?

乳幼児期にアトピーにかかる子供は、実は珍しくありません。
これは赤ちゃん特有の体の発達が関係していると言われています。

 

赤ちゃんが最初にアトピーにかかる部分としては、頬っぺたが圧倒的多数を占めています。
なぜだかわかりますか?

 

赤ちゃんは身体全体のサイズに比べて頭がかなり大きいですね。
頭は0歳児の時にもっとも成長のスピードが速い部分なのです。

 

成長の速度に皮膚を作る速度が追いつかず、赤ちゃんの皮膚は常にパンパンに伸びた状態になっています。
そのために皮膚の表面が壊れやすく、簡単に湿疹や赤みを起こしてしまうのです。
腕の内側やひざの後ろなども同じように乳幼児期にアトピーの症状が出やすい場所です。

 

アトピーは元々体内にアトピー素因を持っていると発症しやすいと言われています。
アトピー素因は体質の一種で、家族にアトピーや気管支喘息、アレルギー性鼻炎などがあると遺伝する場合があります。

 

また、健康な人にはほとんど検出されない「IgE抗体」というアレルギーに深く関与するタンパク質を作りやすい体質であることも原因になるとされます。
どちらもそういう体質だから必ずアトピーになるというわけではなく、
環境や食事、健康状態などによって大きく左右されるのです。

 

乳児アトピーは成長によって治癒する?

乳児のアトピーは、体がどんどん大きくなっていくときに発生する肌トラブルの一種です。
ですから、ほとんどの場合は小学生くらいまでに治ってしまうことが多いのです。

 

ただし、乳幼児期からステロイド外用剤を使い続けていたりすると、
ステロイドの影響で肌が弱くなってしまって大人になってもアトピーから抜け出せなくなるということもあります。

 

よほどのことでない限り、乳幼児期のアトピーは薬を塗らなくても跡も残さずキレイに治ります。
成長期の皮膚は、脆そうでいて実はとても強いものなのですね。

 

まとめ

赤ちゃんの頬っぺたが真っ赤にかぶれたように見える乳児アトピー。
でも、それは素晴らしい速度で成長をしているために起こる一時的な症状にすぎません。

 

慌てて強い薬に頼ったりせず、ちゃんとミルクを飲んでいるか、たっぷりと睡眠を取っているか、
ストレスや強い刺激を与えていないかに気を付けてあげてください。

 

5歳頃までに発症した場合は、乳児アトピーと同じ理由と考えられます。
かゆがったりしてどうしても心配でしたら、市販薬に頼る前に必ずお医者さんに相談をしてくださいね。

 

関連ページ

アトピーケアの必需品!保湿剤の上手な選び方
アトピーケアに欠かせない保湿剤の種類と上手な選び方を紹介します。
アトピー治療薬の新常識
アトピー治療薬の種類と効果をそれぞれ紹介します
アトピー改善は食事が決め手!
アトピーを改善するには、毎日の食事にも気を配る必要があります
危険!アトピーの人が絶対に食べてはいけないもの
甘い物や冷たいものなどを食べると、アトピー症状が悪化するおそれがあります。
アトピーのかゆみで眠れない時の5つの対処法
アトピーのかゆみで眠れない時はどう対処したらよいのでしょうか?
ストレス性アトピーにはアロマがおすすめ!
ストレスから来るアトピーには、リラックスできるアロマセラピーがおすすめです。
アトピー治療のためのステロイド使用のポイントは短期決戦
アトピー完治のためのステロイド使用のポイントは短期決戦にあります。
水素水のアトピーに対する効果に業界激震!
水素水のアトピーへの効果に今業界が震えている!一体何が凄いというのか?
アトピーの主犯は活性酸素だった!
アトピーに悩んでる方に朗報です!アトピーの主犯が実は「活性酸素」だった!と、言う結果が発表されました。
環境汚染こそアトピーの元凶
環境汚染が問題視されるようになった時期とアトピー性皮膚炎の患者が急増している時期は一致しています。
アトピーになる人とならない人の違いがわかった!
なぜ同じ汚染された環境で生活していても、アトピー性皮膚炎になる人と、ならない人がいるのでしょうか?どこに違いがあるのでしょうか?
海水浴でアトピーは改善する?悪化する?
海水浴でアトピーが良くなったというケース、悪くなったというケースの両方の話を聞きますが、実際のところどうなのでしょう?
乳児アトピーと乳児湿疹と脂漏性湿疹の違いは何?
赤ちゃんの肌トラブルについて病院で告げられる病名にも混乱します。「乳児アトピー」「脂漏性湿疹」あるいは単に「乳児湿疹」などなど。これらはいったいどう違うのでしょうか?
アトピー改善には善玉菌を増やし腸内環境を改善することが大事
アトピーを改善するには、年齢と共に減少していく善玉菌を意識的に増やし、腸内環境を整える必要があるのです。
アトピーの子供のステロイド剤の正しい減らし方、やめ方まとめ
小さな子供の場合、肌の成長を考えてより慎重になる気持ちはよくわかります。ここでは子供のステロイド剤の正しい減らし方、やめ方についてまとめてみました。
食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の違いを知っていますか?
皮膚に起こる炎症で強いかゆみや発疹を伴うものにアレルギーとアトピー性皮膚炎があります。どちらも見た目はよく似ていますが、実はこの二つはまったく別の物です。その違いを整理しておきましょう。